トキの森公園

佐渡

6月22日佐渡に行ってきました。

朝6時に新潟港を出港し、8時30分に両津港に到着です。

今日の天気はどんよりとしています。南佐渡の山並みは雲に覆われています。

今日はお寺に用事が有るので佐渡に来てます。この先にお寺があります。

お寺の用事を済ませ、時間がありますので、はじめてトキの森公園を訪ねてみます。

新潟交通佐渡の路線バスの佐和田バスステーションで乗り換えです。

本線から南線に乗り換えます。トキの森公園は佐渡の中央部に広がる国中平野の東側、新穂地区にあります。

路線バスは日中はトキの森公園を経由するんです。佐和田バスステーションから50分ぐらいで到着です。案内看板は、はばたくトキです。

朱鷺NIPPONIA NIPPON の看板です。佐渡百選のNO24だそうです。

途中の飼育ケージで飼育されているのはショウジョウトキです。

ペリカン目トキ科トキ亜科シロトキ属で朱鷺とは少し違うようです。

トキ資料展示館では、保護増殖、野生復帰の取り組みなどの資料を多数展示してあります。

日本最後の雄のミドリです。

日本最後の雌のキンです。

トキの生態がパネルで分かりやすく表示してあります。

飼育ケージの中のトキを観察します。

なかなか近づいてきてくれないのですが、この一羽だけ近くで見ることが出来ました。

別の建物でトキを間近に観察できるトキふれあいプラザがあります。

このトキふれあいプラザは、トキがはばたける大型ケージを整備し、その中により自然に近い環境を再現することで、飛翔、採餌、巣作り等のトキの生態を観察できるようになっています。

トキの巣です。現在、自然界には300羽ぐらいのトキが生息しているそうですが、まだ野生定着というレベルには達していないそうです。

見学を終えてバス停に向かう途中の郵便ポストです。

日本の国鳥はキジなのですが、しばしば日本を代表する鳥などと呼ばれることがあるトキです。新潟県の「県の鳥」、佐渡市と石川県輪島市の「市の鳥」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました